岐阜市の訪問マッサージを母が受けています。

2014年6月28日
現在、岐阜市に住む母が訪問マッサージのお世話になっています。
施設に入所しているのですが、岐阜市にある訪問マッサージでは施設まで訪問してもらえると担当のケアマネージャーさんに聞いたので、利用することにしました。
右半身が麻痺しているため、右の手足の筋力も落ち、関節が固まってしまっていました。自分で立ち上がったり、歩いたりしたいみたいですが、麻痺している右足が床から上がらなかったりしてなかなか自分の思うようにいかない様でした。
訪問マッサージでは、筋力の回復と関節が固まってしまうのを予防するための施術をしてもらうことになりました。
筋肉を和らげるマッサージ、関節の動きを改善する関節運動、低下してしまった筋力を強化する筋力強化訓練を主にしてもらっています。
体調が悪かったりするときもあるので、先生がその都度体の状態に合わせて施術の種類を考えてくれています。
常に体調を気にしてくれているため、付き添っている私たち家族も安心してお任せすることができています。
母は、いつも「自分の足で歩けるようになりたい。」と言っています。旅行が好きでまだまだ行きたいところがあるようです。
そんな話をマッサージ師の先生とよく話しているので、先生も早く母が自分で歩けるようになるために、関節の運動や筋力強化の訓練をよくしてくれます。
母も動きにくい関節を動かす事で出る少々の痛みには歯を食いしばりながら頑張っています。見ている私たちまで力が入ってしまいます。頑張りすぎて筋肉がカチカチに張ってしまうしまうこともありますが、先生がそのたびにマッサージでほぐしてくれます。
マッサージをしてもらっているときの母はとても穏やかな顔をしています。とても気持ちが良いようで、訪問マッサージがあった日はよく寝ています。気分もリラックスできているようです。
訪問マッサージにはこんな効果もあるんですね。母がいつも訪問マッサージを心待ちにしている気持ちがわかる気がします。
いつも献身的に施術してくれる先生や母の頑張りで、床から上がらなかった右足が次第に上げられるようになってきました。足があげられるようになった時の母の笑顔は忘れられません。とても喜んでいました。私たちも母と同じくらいうれしい気持ちになりました。
本当に訪問マッサージを利用してよかったと思いました。
まだまだ体の状態は改善していく可能性は十分あると先生も言っていました。
もう一度母と旅行に行けるようにこれからも頑張ってもらいたいです。
先生にはまだまだお世話になりそうです。
訪問マッサージを受けるなら、岐阜市の訪問マッサージひまわり
http://hoken28.com/

岐阜市の友人と接骨院と整形外科の違いについて話をしました。

2014年5月10日

皆さんは接骨院と整形外科の違いがわかりますか?

先日岐阜市の友人と話しているときに、接骨院と整形外科の違いがわからないという話が出ました。

そこで、接骨院と整形外科の違いについて調べました。

先生方の持っている資格としては、接骨院は柔道整復師、整形外科は医師となります。どちらも国家資格となります。

健康保険の取り扱いはどちらも適用されます。ですが接骨院は骨折や脱臼の場合は医師の同意が必要となります。接骨院で健康保険を使える事は、意外と知らない人が多いようですね。

レントゲンを撮ることが整形外科ではできますが接骨院ではできません。また、痛み止めなどの薬の処方は整形が出てきますが接骨院にはできません。一昔前までは接骨院でもレントゲンを撮ることができたようですが。

ではそれぞれの医療機関で治療を受けるにはどんなメリットがあると思いますか?僕なりにそれぞれのメリットをまとめてみました。

接骨院のメリットとしては、一人ひとりの症状に合わせた丁寧な手技療法が受けられる。アットホームな雰囲気で落ち着いた治療が受けられる。待ち時間ほとんどないので忙しい時でも気軽に通いやすい。遅くまで診療している接骨院があるので仕事帰りでも通いやすい。

一方、整形外科のメリットとしては、痛み止めなどの薬が処方できる。レントゲン撮影など精密検査が受けられる。手術ができる。

以上のようなメリットが思い浮かびました。

接骨院も整形外科も、それぞれ違った役割があり状況に応じて使い分けることが大切です。

僕はスポーツで怪我をすることが多く、接骨院にお世話になることがよくあります。それは先生がじっくり話を聞いてくれ、同じ先生が治療もしっかりしてくれるので安心して治療が受けられるためです。それに、手技療法をしてもらった後は驚くほど体が動きやすくなりました。やっぱり、いつも同じ先生に治療してもらったほうが、自分のことをよくわかっててもらえますしね。

いちど整形外科に通った時は先生が入れ替わりになっていたので何度も同じ説明をすることが多かったし、電気などを当ててもらうだけだったので…。

骨折や脱臼した場合はいちど整形外科でレントゲンを撮ってもらいますが治療するなら接骨院だとぼくは思っています。

皆さんはどう思いますか?

接骨院か整形外科に通うか悩んだときは、岐阜市の田原接骨鍼灸院がおススメです!

http://www.bo-ne.com/

ホームページの情報は正確に!

2014年3月11日
どのサロンにも今はホームページはありますよね。サロンにとってホームページは宣伝方法のひとつとしてとても集客に役に立っているものだと思います。サロンにとって無くてはならないものです。初めて行くサロンだと緊張するしいったいどんなスタッフがいるかも分からないからお客様の立場からしたら不安だと思います。だからホームページを見ていただいてスタッフがどんな人物かを少しでも知ってもらえたらお客様もサロンに行きやすくなります。ホームページにはスタッフの顔を掲載したり経歴を載せたりと工夫すると良いと思います。サロンの中には分かりづらい料金表があるので分かりやすくしてほしいですね。情報収集のためにホームページを見るのだから、正確な情報を提供してほしいですね。信頼性のあるホームページなら集客に繋がると思います。

アクセスアップする

2014年2月8日
サロンの集客を増やすためには、インターネットを無視する訳にはいきませんよね。今やインターネットはさまざまな分野で活用されています。ホームページやブログとサロンなどでは、もうあたりまえに活用されていますよね。ただ他のサロンとの差別化が重要だと思います。ホームページやブログも上手く活用しないとなんの意味もありません。誰に何をどのようにお客様に伝えれるかを、ホームページを明確なものにする。見てるお客様にどんなメリットがあるのか考えることが大事だと思います。またホームページのデザインも大事でシンプルの方が印象もよく良いと思います。また頻繁にホームページの更新をしてください。ホームページの更新を頻繁にしないと飽きられてしまうからです。テーマを決めて週1回程度の更新をする。このように定期的に更新をするとアクセスアップにつながるからです。

ホームページを有効活用

2014年1月18日
サロンの集客の方法としてチラシも良いのですが、チラシに載せられる情報には限界があると思いませんか?サロンのお店の雰囲気やこだわりなどもチラシでは伝えきれないこともあると思います。しかしホームページなら載せられる情報量も多いしブログを利用してお店の雰囲気もお客様に伝わりやすくなると思います。またその様子がわかればサロンへの安心感も出てくると思います。ホームページなら工夫しだいで集客へとつながりますね。最近は年配の方もパソコンを使いこなす時代です、年齢層も広がり様々な層の方にも来店してもらえると思います。 今は何かしようとするとき調べたいときは必ずネットで検索しますよね、だからサロンを探す時も必ずホームページをチェックするお客様も多いはずです。ホームページを有効活用して集客しましょう。

ホームページを最大限に生かそう!

2013年10月17日
インターネットの普及によってお店のホームページは広告や宣伝効果もあり、かなり集客にもつながるのではないでしょうか。ホームページのおかげでだいたいお店を探すときは、インターネットで良いお店はないかと検索しますよね。なかにはホームページがないお店もあって、まるで電話長のように電話番号と店名だけしか載せてないお店もあるから、あれはホント残念です…。お店の情報をもっと色々と知りたい私達、お客の立場からしたら不満です。ホームページがあるサロンでも情報が少なすぎるお店もあるので、もう少し情報を豊かに載せてほしいものです。そうでないと、ホームページを見るだけで、情報の少ないサロンには興味を持ちませんからね。せっかくのホームページ広告効果を最大限に活用しなくてはもったいないです。サロンの具体的な内容や活動を載せることによる信頼アップをはかりましょう!

見やすさ

2013年8月30日

サロンのホームページはたくさんありますが、あれがいいこれがいいって言うのは、それぞれの好みですよね。ただ共通して言えることは、わかりやすいか?何を伝えたいのか?が鮮明であるかです。ホームページ読んでも 結局何がいいたいの?っていうものもありますからね。書きたい思いはたくさん有るでしょうが、わかりやすくした方が 、読んでもらえる確率は高いですよ。せっかくいいお店なのに、ごちゃごちゃと文を載せたり、画像が多すぎたりして、洗練された感がないホームページになったりしていました。あれは本当に残念でしたね。プロにすべては任せきれなかったんでしょうね。要望を載せすぎた結果でした。まあオーナーの性格から見れば分かる気もしますが。お知らせやブログも最近全く更新していないので、あらどうしちゃったの?っていう感じです。最初はみんな更新にマメですが、慣れてくるとね…飽きちゃうんですかね。

ホームページの使い道

2013年6月15日

サロンホームページを使う目的は様々だと思いますが…最終的には売り上げにつながるためだと思います。ホームページを作った以上、人目に触れないと意味がないということです。それと同時にサロンらしいお洒落で洗礼された雰囲気を漂わせるホームページを作りたいですね!中にはホームページは情報収集ために見るが目的だから見栄えなどは二次でいいと思っている方もいると思います。確かにホームページ役割は情報提供が目的で重要なは間違いないですが…でも見栄えは二次だという考えは的外れな考え方だと思います。だって見栄え悪いホームページやみすぼらしいホームページはサロンイメージダウンにも繋がります。ホームページ集客をねらうなら、カッコ良い・お洒落なホームページでお客様目を引くことも必要だと思います。

あれもこれも

2013年5月16日

やれる事からやる。人がやっていて成功していたとしても、必ず同じように成功するには限らない。とりあえずやってみる。それも素直に受け入れられる良さかもしれません。素直に実践したから成功した、いい事があった。と良く聞きます。確かに素直に実行するは素晴らしいと思います。私は出来る事をやる方なで、あまり色んなやり方を聞いても参考程度にして、一旦頭に入れ噛み砕いて自分スタイルに仕上げます。私は今までそうしてきました。自分スタイルだから失敗したり後悔しても、人せいにする事もないで楽です。鵜呑みにしてすべて実行しようとしても最初だけ。数日後には疲れている自分が残ります。自分自身周りで 起こる事は良い事も悪い事もすべて自分が原因だということ。他人せいにはしない事です。

新着

2013年4月18日

よくホームページ画面に、新着情報とかお知らせなど、ありますよね。あれを全然更新していないサロン多い事!だったらあんな項目作らなければいいにって思います。自分達で更新出来るように、教えてもらえているに面倒くさいでしょうかね。それとも、お知らせや新着情報が何もないでしょうかね。そんな活気ないサロン行きたくないですよね。本当に忙しいサロンって、案外仕事できていますし、時間配分とかきっちりしてますよ。忙しい忙しいって言い訳しているサロンは、きっと時間配分とか管理が下手なんですよ。余分な動きをして時間を無くすサロンです。大体ホームページ見ればわかります。どういう感じサロンかぐらいは。個人サロンでは、私が私が!すごいでしょ!みたいな色を出しているサロンもあります。あれ、意外に胡散臭いですよ。自意識過剰なんじゃないかと。ちょっと前に、試しにそういうサロンへ行った事があります。やはり自意識過剰なオーナーさんでした。話始めは、緩やかな感じでしたで、あれ?違うなあと思っていましたが、話している間にやはり出てきました。私が!私が!状態。あれは自己満足世界ですね。それで良ければいいでは。